Home » news, お知らせ, コラム, サポート » 第6回~中谷学長の1.5人言~「ネイルの上達を妨げる5つの勘違い」

第6回~中谷学長の1.5人言~「ネイルの上達を妨げる5つの勘違い」JNA認定校ネイルスクール|Nail School Nail Museum |横浜市青葉区・たまプラーザ・あざみ野・鷺沼・溝口・港北・長津田・川崎

category : news, お知らせ, コラム, サポート 2017.6.9

梅雨入りしたものの、暑い日が続いております。
皆様お元気にお過ごしでしょうか。

Nail School Nail Museum 学長 中谷です。

さて今日は、ネイルを上達させるにあたり最近思い違いを
されている方が多くなってきたため、特に多い5つをピックアップしました。

ネイルの上達を妨げる5つの勘違い
これからお伝えすることを読んで、ドキッとしたりハッとした方は要注意です!!

1.「練習量=上達」するわけではありません
質の良い練習をしましょう

私は講師になった時から受講生さんへ伝えてきたことです。

100時間練習したらカラーリングが出来るようになる、
○時間練習したらフレスカがキレイに出来る・・・
と言うような、ネイルは簡単なものではありません。

もちろん完成度をあげていくのに時間は要します

が、その時間は無意味にこなす時間ではなく、有意義に効率よく練習する時間を指します。

尊敬するネイリストさんの練習法を聞いてみてください。

「どれくらい練習しましたか!?」

「××時間くらいです」

・・・と答える方はいらっしゃらないと思います。
(もしそう答えたネイリストは、かなりヤバイ方です)

なぜならば、その方々は時間数に重きを置いているわけでなく、

に重きを置いているからです。

尚、*Nail Museum*スクールでは「質の良い練習をしてもらいたい」と言う思いから、
無料でのメール添削を行っています。

自宅で練習中に「これであってるの?」と思った時にメールを送れば
担当講師から直接添削指導を受けられるシステムです。

皆さん、是非質の良い練習をしてください。

 

2.知識は、活用してこそ意味がある

「あっ!!それ知ってる」

「そうだった!」

・・・と思うこと、よくありますよね。
知識があってもその知識を必要な時に知識の引き出しから適切に引き出せなければ、
意味が無いのです。

その引き出すタイミングがポイントです。

ジェルをオフする際にジェルか地爪か見てもわからなくなったらどうしますか?
何かを塗布したらよいのです。

それ、何だかわかりますか?

現在の状況のphがわかればいいんですよ。

そう、アレです!!

もうお分かりですよね!?

もし、思い浮かばない方は、知識が活用されていないか
そもそも知識としてインプットされていないか・・・
そんな方は居ないですよね!?

 

 

3.自分を正しく評価できること
検定試験が不合格で他校から転校されてきた方のお話です。

「どうして不合格だったかわかりません」

「なんとなくチップラップが原因だと思います…」

「アートの時間が無くて上手に描けなかったからダメだったんです、多分…」

さまざまな感想があると思います。

①本当にわからない
②なんとなくわかっているけど、どうなんだろう
③原因はわかっているけど、信じたくない

この3パターンのどれにあてはまりますか?

①②はすぐ改善出来ます。
問題は③の方です!!ダメですよ!!

自分を客観的に見ることは自分の出来ないこと、出来るようになっていることを
冷静に判断することです。

それが、技術レベル向上の近道です。

 

4.言い訳は自分のためにならず
人それぞれにライフスタイルがあります。子育てしながら、仕事しながら、など
ネイルのみに集中出来ない状況は当たり前のようにあります。

以前コラムでも書いた「昨日家のことで忙しくてなかなか練習が出来なかったですよ」と
言いたくなってしまったら、グッとこらえて考えてみて下さい。

あなたの目標の為にご家族の支えやモデルさんのご協力があることを思い出せば、
そんな軽率な言葉は出てくるはずがありません。

「たまたま出来なかった」確かにそんな日もあります。
が、それが試験の日に当たってしまったら・・・・泣けますね(笑)

でも、失敗してもリカバリーすればいいんです!!
直せばイイんです!!

言い訳ばかりのメンタルブロックでは成長しませんよ!!
まずは、与えられた環境の中で結果をだしましょう。

さすれば、道は必ず開かれるはずです。

 

5.ネット上の都市伝説に惑わされるべからず
You tube先生、よく聞きます!!(笑)

約10年前から受講生さんに「先生、ネットでのやり方と違います」言われて、
驚いたのを覚えています。

「えっ?!ネットってどんな画像?誰の画像?」
「それって、認定講師のお墨付きですか?」
・・・・と正直思います。

例えば2級のチップラップのシルクをonしたあと、どのような工程に移りますか?

1.左右で押さえつけたビニールを使って空気を抜く
2.ビニールは使わずグルーにいくなど
3.。。。
私は別の方法で指導しています。その方法で皆さん合格しています。

どんな方法でも仕上がりがキレイであれば良いのです。

ひとつの方法でなく他の方法を試してみるも良し、混乱するならひとつの方法を
究めるもよし、リスクを負うなら失敗しにくい方法でいくも良し。

自分の苦手な部分を理解し、指導してくれるのはyou tube先生ではなく
直接指導してくれるスクールの先生です。

私は目的までの一番近道を案内するカーナビ的な存在を目指しています!!

Nail School Nail Museum 
学長 中谷 朱里

comment closed

アーカイブ

Copyright(c) Nail School Nail Museum All Rights Reserved.