Home » お知らせ, コラム » 第2回コラム 伸びる生徒の条件とは!?

第2回コラム 伸びる生徒の条件とは!?JNA認定校ネイルスクール|Nail School Nail Museum |横浜市青葉区・たまプラーザ・あざみ野・鷺沼・溝口・港北・長津田・川崎

category : お知らせ, コラム 2015.2.11

ネイルを愛する皆様、こんにちは!スクール事務局です。

前回、「良い講師の条件」とは!?について書きましたが、今回は前回の予告通り
伸びる生徒の条件」とは!?について書いてみたいと思います。

伸びる生徒の特徴としては、いくつかありますが、今回は特に検定で合格している
受講生の性格に絞ってお話したいと思います。

いきなり、質問です。
1.☆☆だからできないに違いない!
2.出来ないのはきっと□□のせいだ!
3.○○であればできるはず!
4.△△さんにできても自分は無理

もし、上記1つにでもに当てはまった場合・・・・
あなたは『できない理由探しの鉄人』になっている可能性が大です!!

上記行動は、簡単に解説すると次の通り。

「行動しない自分」を正当化
「実力不足で仕方ない」とネガティブ思考化
「自分悪くない」と責任転嫁逆切れモード

心理学的用語で言うところの「メンタルブロック」になります。
(*メンタルブロックとは、対する事柄に対しての自分自身のネガティブな思い込み)

そうなると、「あなたは結局何しにスクールに来たのですか?」と
問いかけたくなります。

こういう思考の受講生は、結果として何もしなくなる(何もできなくなる)といった
状態に陥いります。
せっかく光るものを持っていたとしても、自分自身の行動でダメになってしまいます。

はい、もうお分かりですね。
伸びる生徒の条件」とは、上記とは逆の行動を取る人なのです。

第11回 JNAジェルネイル技能検定試験合格率100%

1.講師に言われたことを素直に実行できる。
2.直ぐに始めて、きちんと継続する。(出来るための方法を一生懸命考える)
3.出来ないことを人、モノ、環境のせいにしない。

押さえつけるのではなく、建設的に、生産的に、自由に脳を働かせ、将来的に
「なりたい自分になる!」という良いイメージを作り上げていってるのです。

こういう思考パターンになると、試験の時にトラブルが起こっても動じません。

「前工程で失敗したけど、次の工程でリカバリー出来る方法がある」
「この工程は、○点だから減点されても、他工程をしっかりやれば合格ライン届くはず」
「時間配分を間違えた!!けど先生から他の工程で時間を短縮する方法を教えてもらったから大丈夫」
・・・・と、出来るための方法を考え何とかしています。

さて、4月のJNEC1級、2級の検定試験まで、あと2ヶ月ちょっとになりました。
検定試験で、何度トライしても落ちてしまうネイリスト・受験生の方がいると思います。

そういう方は、今一度、自身の行動・言動・思考を振り返って見てください。

心当たりのある受講生の方は、今からでも遅くありません。
メンタルブロックを解除しましょう!!
自分自身のマインドを変えて、前向きに行動したらきっと明るい未来が広がるはずです。

全ては、自分次第です。Totally, It’s up to you!!

もちろん、当校に来られてメンタルや技術トレーニングも大歓迎です。
対策講座は、こちらから

少しでも、皆様のお役に立てれば幸いです。

スクール事務局

PS ポジティブ思考になったからといって、自信過剰はNGですよ!!

次回予告:自宅での効果的な練習方法は!?

comment closed

アーカイブ

Copyright(c) Nail School Nail Museum All Rights Reserved.